AIB-Vincotteのコンポスト制度(OKコンポストマーク)

ベルギーのオーガニックウエストシステム社(略称 OWS)と業務提携して生分解性材料及び製品に関する巾広い評価試験を行っております。併せて欧州の認証機関AIB-Vincotteのコンポスト制度(OKコンポストマーク)取得代行業務を日本で推進しております。

新しいアプローチとして、世界的に生分解性材料及び生分解性プラスチックスが注目され、ここ数年、日本をはじめとして米国、欧州その他で研究開発が強力に推進され、広く認識されはじめました。

ラベリングシステム

近い将来には年間100万トン規模が期待されていますが、このためには多くの革新的、戦略的マーケティング活動が不可避と思われます。このような将来性のある、しかも社会経済的、環境面でも有用性のある生分解性材料及びプラスチックスの高度利用のためには世界的規模のラベリングシステムが必要です。このラベリングシステムの必須条件は、

  1. 世界的に認知されること
  2. 世界の主要ユーザー及び材料サプライヤーと加工メーカーがサポートすること
  3. 試験及び認証が公正、妥当で、試験方法及び実施については生分解性に関する現段階での学問的、技術的な裏付けのあること又新しい学問的知見を直ちに具体的試験に反映させることが可能な機能を持つこと
  4. 広く各国の政府、公共機関、環境団体、その他のサポートを受けられ、仮に各国の法制と合致するかあるいは相互乗り入れが可能なこと等が必要十分条件となります。

これらの実際的見地と生分解性材料及び生分解性プラスチックスの強力なマーケティングを推進しようというサプライヤー、これらを安心して使用したい、あるいは無試験(No end test)で使用し、製品化に直結したい、あるいはこれらの認定、審査、ラべルの発行、保証、市場に出た製品が、適切に製造された生分解性材料かつ加工製品化されたものかを世界的、統一的、一貫性をもって運営するシステムとしてOKコンポストラぺリングシステムが本格的に開始いたしました。

OK compost

母体機関は欧州で著名な認証審査機関のAIB-Vincotte(本社ベルギー、ブラッセル市)が、認証、審査、ラぺルの発行と維持、世界的なマーケティング広報、各国政府磯関や団体、欧州共同体及び米国その他各国の環境行政を管掌する官庁とのリエゾンを担当し、試験は生分解性材料、生分解性プラスチックスの試験と評価で著名な欧州のOrganic Waste System(OWS、本社ベルギーGent所在)が担当しております。

日本ではOWSのパートナー研究試験会社である株式会社DJK国際本部が、申請代行、試験依頼すべてを担当し、又OKコンポストラベルシステムに関してはDJKが上記AIBの総代理店並びに広報、プロモーション、マーケティング、フォローアップ及び市場でのサンプリングと適正監督を行うOKコンポストラベル日本事務局として1998年から活動展開中です。既にAIB‐Vincotteは、欧州共同体、北米を中心としてPR活助を開始し、近い将来はアジア全域、中近東、アフリカ、南米、豪州、大洋州まで広げる計画です。

現在OKコンポストラベルの認証を受けている主要材料、製品サプライヤーは、ノバモント(イタリー)、 メリタ(ドイツ)、バイオテック(ドイツ)、ファルデム(ベルギー)、三菱化学、昭和電工(昭和高分子)が既にベース材料及びフィルム、袋等でOKコンポストラベルの認証を受け、欧州、米国でマーケティング活動を開始しました。ユーザーサイドの評価は高く、生分解性プラスチックスバッグについては、今後次々と商品化が計画されています。又OKコンポストラベル取得を希望するユーザーや加工メーカーからの問い合わせも多く、世界的にプロモーションをすることにより、サプライヤー、ユーザーの両者に大きな経済的メリットが期待されます。

現在米国や欧州のサプライヤー、加工メーカー、製品企画会社や商社がOKコンポストラベルの認定申請を開始又は検討を行っており、2000年には多数の企業が認証リストに勢揃いする予定です。

弊社はAIBの指導の下にOKコンポストラベルのPR、教育、加工メーカーやユーザーへの指導や宣伝を行い、生分解性材料及び生分解性プラスチックスの一大利用キャンペーンを行う予定です。既に多国籍ファストフード会社、食品加工メーカー、百貨店や国際的買付機関、商社、ベンチャー会社やメディアへコンタクトをすすめており、生分解性材料や生分解性プラスチックスに関して、最終ユーザーサイドが安心する実用的国際ラベルシステムとして認識されつつあります。

弊社ではOKコンポストラベルの申請の相談からラベル取得までのコンサルティング一切をお引受けする他、ラベル取得企業と協力して、強力利用キャンペーンをはかる他、一般ユーザー企業やユーザーへの教育指導を行う予定です。 なお、弊社では、OKコンポストラベルに関しての詳細な資料や教育プログラムを用意しており、今後の展開に力を入れる計画でおります。地球環境の向上に関心のある企業と積極的な協力体制の下で、OKコンポストラベルシステムを確立して参ります。